副作用で不正出血する避妊薬の比較

経口避妊薬を服用すると、不正出血することがあります。経口避妊薬は、生理初日から飲み始めますが、1シート目に見られる不正出血として、生理がいつまでも続くという現象があります。これは、経口避妊薬によって、経血が子宮内にとどまるからです。また、卵巣が活動して卵胞が成長し、卵胞ホルモンが分泌されて、出血圧力が高まってしまい、1シート目の後半に不正出血することもあります。
1シート目の休薬期間中に消退出血することで、これらの不正出血は通常なくなりますが、3シート目にも続くようなら、経口避妊薬の種類を変えるとよいでしょう。
卵胞ホルモンの作用で子宮内膜の厚みが増し、黄体ホルモンの作用で子宮内膜が維持されます。このバランスが崩れて、子宮内膜を維持するだけの黄体ホルモンが不足すると出血が起こります。休薬期間中の消退出血は、これを人工的に起こしたものです。
日本で認可されている経口避妊薬は、使用されている黄体ホルモン剤の種類によって、第一世代、第二世代、第三世代に分類されます。黄体ホルモン剤の子宮内膜の維持能力は、第三世代ピルが最も高く、次いで第二世代ピル、第一世代ピルとなっていますが、第一世代ピルでは、子宮内膜の維持能力を補うために、高用量の卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤が使用されています。
この結果、子宮内膜維持力は、第三世代ピル、第一世代ピル、第二世代ピルの順番になり、第三世代ピルで不正出血が最も起こりにくいと言えます。
この他、飲み忘れによって不正出血が起こることがあります。下痢や、テトラサイクリン系抗生物質など経口避妊薬と相互作用のある薬を服用した場合にも、薬の成分の吸収が不十分になって不正出血が起こることがあります。